return」カテゴリーアーカイブ

PHPのreturn文に関する記事のカテゴリ。

require文で読み込んだスクリプト内で使うreturn文

require文で読み込んだスクリプト内で、return文を使うと、require文で読み込んだスクリプトの実行を停止し、returnの引数は、require文で読み込んだスクリプトの戻り値となる。 続きを読む

カテゴリー: PHP, return, 制御構造 | タグ: | require文で読み込んだスクリプト内で使うreturn文 はコメントを受け付けていません。

include文で読み込んだスクリプト内で使うreturn文

include文で読み込んだスクリプト内で、return文を使うと、include文で読み込んだスクリプトの実行を停止し、returnの引数は、include文で読み込んだスクリプトの戻り値となる。 続きを読む

カテゴリー: PHP, return, 制御構造 | タグ: | include文で読み込んだスクリプト内で使うreturn文 はコメントを受け付けていません。

関数内で使うreturn文

関数内で、return文を使うと、関数の実行を停止し、returnの引数は、関数の戻り値となる。 続きを読む

カテゴリー: PHP, return, 制御構造 | タグ: | 関数内で使うreturn文 はコメントを受け付けていません。

スポンサード リンク