取り囲む」カテゴリーアーカイブ

既存のコンテンツを取り囲む新たなコンテンツを挿入するメソッドに関する jQuery API のカテゴリ。

wrapInner( function( index ) )

jQuery API の wrapInner( function( index ) ) は、マッチした要素内のコンテンツを、function関数で指定した要素で、包み込むメソッド。追加した要素は、マッチした要素の子要素となる。 続きを読む

カテゴリー: API, DOM挿入, DOM操作, JavaScript, jQuery, 取り囲む | タグ: | wrapInner( function( index ) ) はコメントを受け付けていません。

wrap( function( index ) )

jQuery API の wrap( function( index ) ) は、マッチした各要素を、function関数で指定した要素で、それぞれ包み込むメソッド。追加した要素は、マッチした要素の親要素となる。 続きを読む

カテゴリー: API, DOM挿入, DOM操作, JavaScript, jQuery, 取り囲む | タグ: | wrap( function( index ) ) はコメントを受け付けていません。

wrapInner( wrappingElement )

jQuery API の wrapInner( wrappingElement ) は、マッチした要素内のコンテンツを、wrappingElementに指定した要素で、包み込むメソッド。追加した要素は、マッチした要素の子要素となる。 続きを読む

カテゴリー: API, DOM挿入, DOM操作, JavaScript, jQuery, 取り囲む | タグ: | wrapInner( wrappingElement ) はコメントを受け付けていません。

wrapAll( wrappingElement )

jQuery API の wrapAll( wrappingElement ) は、マッチした要素を、wrappingElementに指定した要素で、まるごと包み込むメソッド。追加した要素は、マッチした要素の親要素となる。 続きを読む

カテゴリー: API, DOM挿入, DOM操作, JavaScript, jQuery, 取り囲む | タグ: | wrapAll( wrappingElement ) はコメントを受け付けていません。

unwrap()

jQuery API の unwrap() は、マッチした要素の親要素を削除するメソッド。マッチした要素自体は残し、親要素だけを削除する。 続きを読む

カテゴリー: API, DOM削除, DOM挿入, DOM操作, JavaScript, jQuery, 取り囲む | タグ: | unwrap() はコメントを受け付けていません。

wrap( wrappingElement )

jQuery API の wrap( wrappingElement ) は、マッチした要素を、wrappingElementに指定した要素で包み込むメソッド。追加した要素は、マッチした要素の親要素となる。 続きを読む

カテゴリー: API, DOM挿入, DOM操作, JavaScript, jQuery, 取り囲む | タグ: | wrap( wrappingElement ) はコメントを受け付けていません。

スポンサード リンク