基本構文」カテゴリーアーカイブ

JavaScriptの基本的な構文に関する記事のカテゴリ。

予約語

JavaScriptの予約語は、変数名、関数名、メソッド名、オブジェクトの識別子に使えない。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | 予約語 はコメントを受け付けていません。

JavaScript擬似URLで、JavaScriptを実行

aタグのhref属性に、JavaScriptへの擬似URLを指定し、JavaScriptの何らかの処理を実行することができる。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | JavaScript擬似URLで、JavaScriptを実行 はコメントを受け付けていません。

イベントハンドラの概要

イベントハンドラとは、マウスなどの操作イベント時に、JavaScriptの何らかの処理を実行すること。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | イベントハンドラの概要 はコメントを受け付けていません。

外部のJavaScriptファイルを読み込む

外部のJavaScriptファイルを読み込むには、scriptタグのsrc属性に、読み込みたいJavaScriptファイルへのURIを指定する。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | 外部のJavaScriptファイルを読み込む はコメントを受け付けていません。

文の終わりにセミコロン

文の終わりには、セミコロン;を記述する必要がある。if文などの制御構文の終わりや、コメント文の終わりには、セミコロンを記述しない。制御構文のうち、do…while文だけは、最後にセミコロンを記述する。1行に、ひとつの文しか書かない場合は、セミコロンを省略できる。私は、1行1文でも、セミコロンを記述することが多いが…。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | 文の終わりにセミコロン はコメントを受け付けていません。

コメント文の書き方

1行コメントは、まず、スラッシュ2本//を書き、コメント文を書く。1行コメント、もしくは、複数行コメントは、/*と*/で、コメント文を括る。コメント文は、JavaScriptの実行結果には影響しない。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | コメント文の書き方 はコメントを受け付けていません。

JavaScriptが無効なブラウザへの対策

JavaScriptが無効なブラウザや、JavaScriptに未対応のブラウザへの対策。 JavaScriptのコードを、HTMLのコメントアウトで括り、JavaScriptが無効なブラウザへ、表示させないようにする。 JavaScriptが無効なブラウザへの表示内容は、noscriptタグで括り、記述する。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | JavaScriptが無効なブラウザへの対策 はコメントを受け付けていません。

JavaScriptの記述形式

JavaScriptのコードは、scriptタグの中に記述する。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, リファレンス, 基本構文 | JavaScriptの記述形式 はコメントを受け付けていません。

スポンサード リンク