制御構造」カテゴリーアーカイブ

JavaScriptの制御構造(制御構文)に関する記事のカテゴリ。

throw

throw文は、例外を発生させる(例外を投げかける)制御構文。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, throw, リファレンス, 制御構造 | タグ: | throw はコメントを受け付けていません。

try-catch-finally

try-catch-finally文は、例外処理(エラー処理)と最終処理を指定する制御構文。最終処理は、例外が発生したかどうかに限らず、実行する。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, try-catch-finally, リファレンス, 制御構造 | タグ: | try-catch-finally はコメントを受け付けていません。

try-finally

try-finally文は、tryブロックで例外が発生したかどうかに限らず実行する最終処理を、finallyブロックに指定する制御構文。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, try-catch-finally, リファレンス, 制御構造 | タグ: | try-finally はコメントを受け付けていません。

try-catch

try-catchtry-catch文は、例外処理(エラー処理)を指定する制御構文。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, try-catch-finally, リファレンス, 制御構造 | タグ: | try-catch はコメントを受け付けていません。

with

with文は、処理文で使用する初期設定オブジェクトを指定する制御構文。初期設定オブジェクトを指定すると、with文内では、そのオブジェクトを指定することなく、プロパティ名やメソッド名だけで、プロパティやメソッドを呼び出せる。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, with, リファレンス, 制御構造 | タグ: | with はコメントを受け付けていません。

var

var文は、変数を宣言する制御構文。宣言と同時に値を代入し初期化することや、複数の変数をまとめて宣言することもできる。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, var, リファレンス, 制御構造 | タグ: | var はコメントを受け付けていません。

return

return文は、関数の実行を終了し、値を返す。 続きを読む

カテゴリー: JavaScript, return, リファレンス, 制御構造 | タグ: | return はコメントを受け付けていません。

function

function文は、新たに関数を宣言する制御構文。 続きを読む

カテゴリー: function, JavaScript, リファレンス, 制御構造 | タグ: | function はコメントを受け付けていません。

debugger

debugger文は、JavaScriptの実行を中断する。変数などはクリアしない。ブラウザのデバッグモードなど、利用可能なデバッガーがなければ、debugger文は意味をなさない。 続きを読む

カテゴリー: debugger, JavaScript, リファレンス, 制御構造 | タグ: | debugger はコメントを受け付けていません。

continue文で、for-in文のループの一部をスキップ

continue文を使い、for-in文のループの現在の処理を終了し、次の処理へ移るサンプル。 続きを読む

カテゴリー: continue, JavaScript, リファレンス, 制御構造 | タグ: | continue文で、for-in文のループの一部をスキップ はコメントを受け付けていません。
1 / 712345...最後 »

スポンサード リンク