DOM」カテゴリーアーカイブ

JavaScriptにおけるDOM(ドキュメントオブジェクトモデル)に関する記事のカテゴリアーカイブ。

tableObject.insertRow( index )メソッド

tableObject.insertRow( index )は、表(table要素)の「index」に指定した位置へ、行(tr要素)を挿入するメソッド。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Tableオブジェクト, リファレンス | tableObject.insertRow( index )メソッド はコメントを受け付けていません。

tableObject.tFootコレクション

tableObject.tFootは、表(table要素)のフッタ(tfoot要素)への参照。フッタ(tfoot要素)には、列の要約、集計、平均などを示すセルを格納することが多い。複数の行を、フッタ(tfoot要素)でブロック化することもできる。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Tableオブジェクト, リファレンス | tableObject.tFootコレクション はコメントを受け付けていません。

tableObject.tHeadコレクション

tableObject.tHeadは、表(table要素)のヘッダ(thead要素)への参照。ヘッダ(thead要素)には、列のラベル(見出し)を示すセルを格納することが多い。複数の行を、ヘッダ(thead要素)でブロック化することもできる。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Tableオブジェクト, リファレンス | tableObject.tHeadコレクション はコメントを受け付けていません。

tableObject.captionコレクション

tableObject.captionは、表(table要素)のタイトル(caption要素)への参照。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Tableオブジェクト, リファレンス | tableObject.captionコレクション はコメントを受け付けていません。

tableObject.tBodiesコレクション

tableObject.tBodiesは、表(table要素)内のデータ行ブロック(tbody要素)のコレクション。データ行ブロック(tbody要素)は、1行でブロック化することも、複数行でブロック化することもできる。表に複数のデータ行ブロック(tbody要素)を指定することもできる。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Tableオブジェクト, リファレンス | tableObject.tBodiesコレクション はコメントを受け付けていません。

tableObject.cellsコレクション

tableObject.cellsは、表(table要素)内のセル(td要素またはth要素)のコレクション。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Tableオブジェクト, リファレンス | tableObject.cellsコレクション はコメントを受け付けていません。

tableObject.rowsコレクション

tableObject.rowsは、表(table要素)内の行(tr要素)のコレクション。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Tableオブジェクト, リファレンス | tableObject.rowsコレクション はコメントを受け付けていません。

metaObject.contentプロパティ

metaObject.contentは、meta要素のcontent属性の値を取得、もしくは、設定するプロパティ。meta要素のcontent属性には、メタデータの内容を指定できる。メタデータ名は、name属性に指定する。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Metaオブジェクト, リファレンス | metaObject.contentプロパティ はコメントを受け付けていません。

metaObject.nameプロパティ

metaObject.nameは、meta要素のname属性の値を取得、もしくは、設定するプロパティ。meta要素のname属性には、メタデータ名を指定できる。内容は、content属性に指定する。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Metaオブジェクト, リファレンス | metaObject.nameプロパティ はコメントを受け付けていません。

metaObject.httpEquivプロパティ

metaObject.httpEquivは、meta要素のhttpEquiv属性の値を取得、もしくは、設定するプロパティ。meta要素のhttpEquiv属性を指定することで、meta要素はプラグマディレクティブとなる。内容は、content属性に指定する。httpEquiv属性は、HTTPレスポンスヘッダをシミュレートしたいときに使う。name属性を指定した場合、httpEquiv属性は指定しない。 続きを読む

カテゴリー: DOM, JavaScript, Metaオブジェクト, リファレンス | metaObject.httpEquivプロパティ はコメントを受け付けていません。

スポンサード リンク