ノイズ

GIMPの「ノイズ」フィルタの詳細解説と使用例。

  • GIMP: フィルター: ノイズ: HSVノイズ

    GIMPの「フィルター」メニュー内の「ノイズ」のサブメニューにある「HSVノイズ」は、「HSVノイズ」ダイアログを呼び出し、アクティブレイヤーの選択範囲内の画像にノイズを加える。選択範囲がないときは、アクティブレイヤー全体にノイズを加える。加えるノイズの色などは、HSV色空間(色相・彩度・明度)で調整できる。

  • GIMP: フィルター: ノイズ: RGBノイズ

    GIMPの「フィルター」メニュー内の「ノイズ」のサブメニューにある「RGBノイズ」は、「RGBノイズ」ダイアログを呼び出し、アクティブレイヤーの選択範囲内の画像にノイズを加える。選択範囲がないときは、アクティブレイヤー全体にノイズを加える。加えるノイズの色などは、RGB色空間(色相・彩度・明度)で調整できる。

  • GIMP: フィルター: ノイズ: ごまかす

    GIMPの「フィルター」メニュー内の「ノイズ」のサブメニューにある「ごまかす」は、「ごまかす」ダイアログを呼び出し、アクティブレイヤーの選択範囲内の画像を、溶けるように垂れ下がらせる。選択範囲がないときは、アクティブレイヤー全体を、溶けるように垂れ下がらせる。垂れ下がる程度などは、「ごまかす」ダイアログで調整出来る。

  • GIMP: フィルター: ノイズ: つまむ

    GIMPの「フィルター」メニュー内の「ノイズ」のサブメニューにある「つまむ」は、「つまむ」ダイアログを呼び出し、アクティブレイヤーの選択範囲内の画像の各画素を、周囲の3×3ピクセルの範囲内の9個の画素からランダムに選らんだ画素に置き換える。選択範囲がないときは、アクティブレイヤー全体の各画素を、周囲の3×3ピクセルの範囲内の9個の画素からランダムに選らんだ画素に置き換える。置き換える程度などは、「つまむ」ダイアログで調整出来る。

  • GIMP: フィルター: ノイズ: 浴びせ

    GIMPの「フィルター」メニュー内の「ノイズ」のサブメニューにある「浴びせ」は、「浴びせ」ダイアログを呼び出し、アクティブレイヤーの選択範囲内の画像に、ランダムなノイズを加える。選択範囲がないときは、アクティブレイヤー全体に、ランダムなノイズを加える。元の画像の画素は考慮せず、ランダムに色変化する。アルファチャンネルがある場合は、透明度もランダムに変化する。

  • GIMP: フィルター: ノイズ: 拡散

    GIMPの「フィルター」メニュー内の「ノイズ」のサブメニューにある「拡散」は、「拡散」ダイアログを呼び出し、アクティブレイヤーの選択範囲内の画像の各画素を拡散する。選択範囲がないときは、アクティブレイヤー全体の各画素を拡散する。拡散程度などは、「拡散」ダイアログで調整出来る。

スポンサード リンク